So-net無料ブログ作成
検索選択
前の1件 | -

沼津市の中学生がナイフで殺人未遂事件を起こした真相に迫る [事件・真相]

静岡県沼津市で14歳の中学生が同じ中学生で、
13歳の少年をナイフで刺すという
衝撃的な事件が起きました。


スポンサードリンク





沼津市の中学生がナイフによる殺人未遂事件の概要


事件は2月14日の18時頃、
静岡県沼津市の中学校に通う中学2年の男子生徒(14歳)が、
同市の東熊堂の空き地にいた別の中学校に通う
知り合いの中学 1年の男子生徒(13歳)をナイフで刺したというものです。

当時、現場にはこの2人以外にも、
複数の中学の男子生徒が10人ほどおり、
トラブルを解決するために集まった

と彼らは話していると言います。

そんな中、事件の加害者・被害者である
2人の男子生徒が口論となり事件が発生しました。

ナイフで刺された中学1年の男子生徒は、
背中を中心に刺し傷や切り傷を複数負いながらも、
命に別状はありませんでした。

一方のナイフで刺した中学2年生の男子生徒も、
ケガを負わせた事は間違いありません

などと供述しているようです。


沼津市の中学生がナイフによる殺人未遂事件に関するコメント


この事件に関してネット上でも、
多くの意見が寄せられていました。

やっちゃただけ、とかw
殺人未遂の要件になるって余程だぞ。


喧嘩の末に人情沙汰とは世も松だな


中学生がナイフ持ってるとかあり得ん…。


最近のガキはすぐに人刺したりするよな…
だから少年法みたいなのは無くすべきやねん。


なぜ刃物を持つ?
喧嘩なら殴り合え


解決方法がこれなのは非常に危険。
事の重大性をしっかり分かって欲しい。


なんか最近中学生が簡単に殺人を犯すよね。
どうなってんだか。


事件を起こす前に適切な教育を



スポンサードリンク





沼津市の中学生がナイフによる殺人未遂事件の真相は?


今回の事件の真相は未だ明らかになってはいません。

ただ、10人ほどの違う中学生同士が集まっていたことや、
事件を起こした14歳の中学生がナイフを所持していたことからも、
かなり各中学校で目立っていた(ヤンチャな)生徒たちが、
集まって起こした突発的な事件だったのではないかと思われます。

また過去に少年が起こしたナイフによる
殺傷事件を挙げると、

栃木県黒磯市(現:那須塩原市)で当時13歳の少年が、
当時26歳の女性教師に授業に遅刻した事を注意され、
少年はバタフライナイフで教師の腹部など7カ所を刺し、
さらに胸、背中と少なくとも7ヶ所を刺して死亡させた。


東京の都立高校生ら16人がナイフ使って、
対立するグループのメンバー2人を拉致して集団リンチを行った。
被害を受けた2人は東京都府中市の都立高校16歳の少年で、
全治2ヶ月の重傷を負った。


群馬県で中学3年生を含む15歳から16歳の少年7人が、
“おやじ狩り”と称してパチンコ玉換金終了後の男性に、
バタフライナイフを出して殴る・蹴るの暴行を加えた。


埼玉県では14歳と15歳の中学生2人が、
同じく中学生15歳の少年に対して、
バタフライナイフを突きつけて脅迫し、
さらに顔面を殴打するなどの暴行を加え現金580円を強取した。


東京都でパトロール中の警察官を殺害して拳銃を奪おうと考えた
中学3年生(15歳)がバタフライナイフで警察官を刺すも逮捕される。


鳥取県の14歳の中学2年生の双子の兄弟は、
見ず知らずの主婦(58歳)をナイフで刺し、
全治3週間の怪我を負わせた。

「人を刺して捕まれば学校に行かなくても良い」と、
考えた上での犯行である事を供述している。


福岡県北九州市の豊国学園高校の駐車場で、
男子生徒(16歳)が同じクラスの男子(16歳)をナイフで、
背中や腹など7ヵ所を刺して重傷を負わせた事件。
原因は下校の際に2人が「睨みつけただろう」など、
と言い合いになったため。


など、多数のナイフによる殺傷事件が起きており、
また彼らがナイフを持つ理由として、
「何かあったときに護身用になる」、「カッコいいから」
また「金銭を奪ったりや脅しなどに有効だから」などの理由が挙がっていました。

またナイフで刺した理由に関しては、
「脅しや怪我を負わせるため」というものもありましたが、
ほとんどが「瞬間的にカッとなって刺した」というものが多く、
今回の事件に関しても状況的には、
後者の可能性が高いものと思われます。

未だ真相は分かりませんが、
中学生が中学生を簡単に刺してしまうという社会に、
この日本が何か大きな問題を抱えているように感じました。


スポンサードリンク



前の1件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。